アンドレア・グリミネッリ(フルート)&相沢吏江子(ピアノ)
デュオ・リサイタル


~二人の偉大なアーティスト、ランパルとパバロッティへのオマージュ~

Program

プ―ランク/フルート・ソナタ
ポップ/リゴレットの主題による幻想曲
モルラッキ/ロッシーニの”エジプトのモーゼ”による幻想曲
フランク/フルート・ソナタ(ヴァイオリン・ソナタ)
ビゼー、 ボルン/カルメン幻想曲
               

アンドレア・グリミネッリ Andrea Griminelli(フルート)
 細やかな解釈と驚異的なテクニックの持ち主として、批評家や聴衆から賞賛されているアンドレア・グリミネッリは、ニューヨーク・タイムズ紙上において、90年代のトップ8名の新生アーティストの一人と称されていた。
10歳からフルートを習い始め、伝説的なジャン=ピエル・ランパルやサー・ジェームズ・ゴールウェイらに師事。彼らはアンドレアを「この音楽界の最前線に長く君臨するであろう偉大なフルート奏者だ」と称した。
パリ音楽院でランパルに師事していた頃、イタリアのストレサとアレッサンドリアの音楽コンクールを制覇。1983年と1984年に名誉あるパリ賞を受賞している。
1984年にルチアーノ・パヴァロッティの招きを受け、ニューヨーク・マディソン・スクエア・ガーデンにおける有名なコンサートで25歳の年に国際デビューを果たす。この共演を機に、パヴァロッティとの長い共演が始まり、1990年、ロンドンのハイド・パークでのコンサート、1993年、ニューヨークのセントラル・パークでの共演、パリのエッフェル塔やモスクワの赤い広場でのコンサートなど、忘れられない思い出が多い。
 また、ヨーロッパ、日本、南アメリカ、北米など世界中の重要なコンサートやツアーで演奏している。スカラ座からカーネギー・ホールまで、名誉ある劇場やコンサート会場で演奏し、また、世界の指揮者たち、たとえばプレートル、ジュリーニ、メータ、クリヴァヌ、バシュメット、ロジェストヴェンスキー、レヴァイン、デュダメル、佐渡、大友などと共演している。オーケストラとの共演は、ロイヤル・フィル、ベルリン交響楽団、バイエルン放響、ロンドン・フィル、ニューヨーク・フィル、タリン・ライ・オーケストラ、ダラス交響楽団、ロサンゼルス・フィル、NHK交響楽団、東京交響楽団などがある。1991年イタリア共和国の大統領から騎士の称号を授与し、2003年にはイタリア共和国の功労者として勲章を得ている。また、フルートとオーケストラのために新しく作曲された曲の世界初演を多く手がけている。たとえば、カルロ・ボッカドーロ、ファブリッツィオ・フェスタ、エンニオ・モリコーネ、三枝成章らの作曲家が含まれる。さらに、現在は国際的なポップ・アーティストであるエルトン・ジョン、ジェームズ・テーラー、スティング、ブランフォード・マルサリス、ジェスロ・タルの伝説的なイアン・アンダーソンらとコラボレーションをしている。
 CD制作にも積極的に取り組んでおり、デッカ・レーベルより数多くのCDをリリースしている。主なものとして、イングリッシュ・チェンバー・オーケストラ/ランパル指揮との共演で、モーツァルトのフルート協奏曲集、ロッシーニの木管四重奏曲、ケラー・カルテットとのモーツァルトフルート四重奏曲集、クレモナ・カルテットとのボッケリーニ/フルート五重奏曲集、ピアニスト ジャン・カシオリとのデュオ、さらに「アンドレア・グリミネッリのシネマ・イタリアーノ」と題したCDなどがある。これは、バカロフとモリコーネのアレンジ、アーティストのステイング、ルチアーノ・パヴァロッティ、ルチオ・ダッラ、デボラ・ハリー、フィリッパ・ジョルダーノらにより表現されたイタリアシネマの世界からのサウンド・トラックより選ばれたものである。
 最近では、ヨーロッパ、アメリカ、南米、日本を含むアジアを定期的に訪れ、各地のオーケストラと共演するほか、イタリアのギター奏者エマヌエーレ・セグレとのデュオ、イタリア合奏団やクレモナ・カルテットとの共演、リサイタルなどを活発に展開し、クラシック・アーティストとしての地位を確立している。2008年には、パバロッティ・トリビューン・コンサートの数少ないゲストに選ばれた。一方、友人であるアンドレア・ボッチェリの世界ツアーにも参加、多彩な面も披露している。

相沢吏江子 Rieko Aizawa(ピアノ)~M.ホルショフスキーの最後の弟子~
 宝塚市生まれ。5歳よりピアノを始め、大里安子、後に桐朋学園子供のための音楽教室で山田朋子に師事。1986年第40回日本学生音楽コンクール小学校の部で全国第1位受賞。
 88年内田光子の推薦により、カザルスホールのオープニングシリーズにおいて、A.シュナイダー指揮ブランデンブルク・アンサンブルと共演。同年夏、同氏の熱い推挙により、室内楽のメッカ(マールボロ音楽祭)に史上最年少で参加する。さらには、ケネディーセンターとカーネギーホールで、ソリストとしてアメリカ・デビューを飾り、ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポストの両紙に高く評価された。翌年、カーティス音楽院に留学し、Mホルショフスキーの最後の弟子となる。94年ラフマニノフ賞を得て卒業後、ジュリアード音楽院大学院に進みP.ゼルキンに師事、96年修士課程修了。この間、ニューヨークのリンカーンセンター、ボストンのシンフォニーホール、シカゴのラヴィニア、フランスのエヴィアン、スイスのルツェルン等の音楽祭にも招待される。
 これまでにウィーン室内管、イギリス室内管、サンフランシスコ響、セントルイス響、セントポール室内管などと共演している。室内楽ではグァルネリ弦楽四重奏団などと共演、現在はソロ、室内楽の分野で活発な活動を展開。2001年ドイツ・ドレスデンでのベートーヴェン・シリーズのリサイタルでは「彼女の出す、優美なコントラストと細部まで満たされた演奏に、息を飲んで聞き入った」と地元紙の賞賛を得た。03年9月10日には、ズッカーマンが中心になって行われたニューヨーク、グラウンド・ゼロの聖ピーター教会での、テロのためのベネフィット・コンサートへの出演、国連での演奏、度々行っている現代曲の世界初演、ニュージャージー州立ラトガー大学でのベートーヴェンのソナタ全曲チクルスなど、着々とそのキャリアを積み重ねている。06年にはモーツァルトのピアノソナタ全18曲をシカゴのWFMTラジオ局、ファツィオリ社の協賛により生演奏でラジオ放送のために演奏。07年の秋は、ハンス・グラフ指揮でセントポール室内管とサリエリの協奏曲を自らのカデンツァで演奏し絶賛されるなど、普段あまり取り上げられることのないレパートリーにも積極的に取り組んでいる。
  日本においては1997年1月小澤誠爾指揮新日本フィルと共演、同年秋にはカザルスホールの10周年記念として本格的なデビュー・リサイタルを行う。03年9月からの3年連続での企画では、偉大な作曲家にスポットを当て、同時にそれぞれとゆかりのある現代作曲家にオマージュのコンセプトで委嘱し、それらの新曲を古典の作品と組み合わせるという、二つの時代が調和された中で新しい作曲家像を描くリサイタル・シリーズ「プリズム」を始め、話題を呼んだ。その第一回ではベートーヴェンをとりあげ、西村朗の新作「夜の呪文」を、2回目のブラームスでは猿谷紀郎の新作「錯覚 しかし 自由にしかし楽しく」を、最後はシューマンのプログラムの中で、D.コールマンの「ナイト・シンギング」を世界初演した。帰国できる時間との関係もあり、オーケストラとの共演は少し中断していたが、2009年より積極的に再開、09年は4月日本フィルと共演したのに続き10月新日本フィルと、2010年には、東京シティ・フィル、東京都響、兵庫県芸術センター管などとの共演が予定されている。
 国内録音では、スクリャービンとショスタコーヴィチの「24のプレリュード」を録音、ソロ・アルバムデビューCDとしてアルトゥス・ミュージックから05年にリリースされ、音楽紙上で高い評価を得た。2009年6月には「フォーレ&メシアン」による2枚目のレコーディングを行った。演奏活動のかたわら、04年秋よりコネチカット大学で後進の指導にあたっている。
現在ニューヨーク在住。