武久源造パイプオルガン演奏会


Program



            
緑の菩提樹の下で / スウェーリンク
           
            春 / ヴィヴァルディ(武久源造編曲)

            シュープラー・コラール集 / バッハ

            アクア・ヴェリターティス(真理の水) / 武久源造
             
            カプリッチョ「カッコー」 / ケルル

            「門の戸よ、上がれ」によるマーチとフーガ / ギルマン
            
                                        

武久源造
 
1957年生まれ。1984年東京芸術大学大学院音楽研究科修了。

チェンバロ、ピアノ、オルガンを中心に各種鍵盤楽器を駆使して中世から現代まで幅広いジャンルにわたり 様々なレパートリーを持つ。特にブクステフーデ、バッハなどのドイツ鍵盤作品では、その独特で的確な解釈に内外から支持が寄せられている。また、作曲、編曲作品を発表し好評を得ている。

音楽的解釈とともに、楽器製作の過程についても造詣が深く、楽器の構造的特色を最大限に引き出す演奏が、楽器製作家たちからも高く評価されている。

91年「国際チェンバロ製作家コンテスト」(アメリカ・アトランタ)、また97年および01年、第7回および第11回「古楽コンクール」(山梨)、ほか多数のコンクールに審査員として招かれる。ソロでの活動とともに、00年に器楽・声楽アンサンブル「コンヴェルスム・ムジクム」を結成し、指揮・編曲活動にも力を注ぎ、常に新しく、また充実した音楽を追求し続けている。02年から毎年、韓国からの招請による「コンヴェルスw)€」燹Ε爛献・犂攅餮・蕁廚鮃圓ぁ⇔捷颪硫山敲顕修慮鯲・紡腓④別魍笋魏未燭靴拭・・実匸実匸恒年よりプロデュースも含め20作品以上のCDをALM RECORDSよりリリース。中でも「鍵盤音楽の領域」(Vol.1~6)、チェンバロによる「ゴールトベルク変奏曲」、「J.S.バッハオルガン作品集 Vol.1」、オルガン作品集「最愛のイエスよ」、ほか多数の作品が、「レコード芸術」誌の特選盤となる快挙を成し遂げている。02年、著書「新しい人は新しい音楽をする」(アルク出版企画)を出版。各方面から注目を集め、好評を得ている。05年より鍵盤楽器の新領域とも言えるシンフォニーのピアノ連弾版に取り組み多方面から注目を集めている。

06年NHK第一ラジオ「ときめきカルチャー」コーナーに年間を通して出演。
1998~2010年3月フェリス女学院大学音楽学部及び同大学院講師。

R&Bむかしクラシックコンサート


Program



            
”ある日の夕暮れ、街角に3人のミュージシャンが集まる”
           
            アイルランドの古謡「ロンドンデリーエアー」 / 作者不詳

            ルネサンス時代(1500年代頃)の舞曲メドレー
               パヴァーヌ(ゆったりした入場の踊り)/ T.アルボー
               スパニョレッタ(スペイン風のステップが盛り込まれた踊り/ G.ファーナビー
             
            ブランル(田舎の祭りなどで踊られる輪舞 / T.アルボー
             
            モレスク(北アフリカ地方の人々の踊り)

            
                                        

Rhythm&Baroque+1
 

飯塚直子(いいづかなおこ/リコーダー&古楽のパーカッション)
ジャズコンボ、芝居、ミュージカルなどで、手ものパーカッション
を担当しながら東洋英和女学院大学を卒業。OL生活を経、桐
朋学園大学音楽学部古楽器科ディプロマコースに1年間在籍しリ
コーダー及び古楽について学ぶ。Compagnie Outre
Mesure
(仏)のセミナー等でルネサンスダンス及びフォークダンス
とその音楽について研究。現在、主に13世紀から18
紀までの「むかしクラシック」の中にあるリズムと民族色、唄と
フォークダンスにアプローチした活動を続ける。叩き唄い、叩き
(吹き)踊りを交えながら、ノンジャンルなプログラミングと古楽
的アレンジを展開。NHK教育番組他、アルバムにぽつぽつと参
加。よみうり文化センター荻窪、浦和、八王子、ヤマハ銀座アネッ
クスリコーダー講師。他にグループ向けのレッスン、ワークショッ
プを行っている。
 
 
寺村朋子(てらむらともこ/チェンバロ、オルガン、フォルテ ピアノ)
 東京芸術大学音楽学部チェンバロ科卒業。同大学院修士課程修
了。チェンバロと通奏低音を、山田貢、鈴木雅明の両氏に師事。第
7
回古楽コンクール・チェンバロ部門第二位入賞。イタリア、オース
トリー、ベルギーなど国内外のアカデミーに参加し研鑽を積
む。NHKFMリサイタル」などに出演、その他多くの団
体と様々な演奏活動を行う。トリム楽譜出版より1999年「フ
ルート・バロックソナタ集」、2002年「J.S.バッハ作
品集」を編曲、出版。宮地楽器小金井アネックス・チェンバロ講師。2010
年チェンバロソロCD「お気に召すまま Capriccio
(レコード芸術準推薦版)をリリース。
 
諸岡典経(もろおかのりつね/コントラバス、ヴィオローネ、 ウッドベース、エレキベースなど)
国立音楽大学卒業。西澤誠治、故・窪田基の両氏に師事。コントラ
バスで活動する傍ら、古楽器(ヴィオローネ)により多くの日本の
主要な演奏団体の演奏会やレコーディング、及び福岡古楽音楽祭、
北とぴあ国際音楽祭等に出演。
オーケストラ・シンポシオン、レ・ボレアード、クラシカル・プレ
イヤーズ東京メンバー。同時に、アコースティック・ベース、エレ
キベース等でジャズ、タンゴ、ラテン音楽等ジャンルを問わず活動
中。東京五美術大学管弦楽団、くにたちカルトッフェルンオーケス
トラトレーナー。青梅リコーダーオーケストラ指揮者。