武久源三パイプオルガンリサイタル

メゾソプラノ(共演)
小野和歌子

Program



            

                                        


武久源三(パイプオルガン)

1957年生まれ。1984年東京芸術大学大学院音楽研究科修了。

チェンバロ、ピアノ、オルガンを中心に各種鍵盤楽器を駆使して中世から現代まで幅広いジャンルにわたり 様々なレパートリーを持つ。特にブクステフーデ、バッハなどのドイツ鍵盤作品では、その独特で的確な解釈に内外から支持が寄せられている。また、作曲、編曲作品を発表し好評を得ている。

音楽的解釈とともに、楽器製作の過程についても造詣が深く、楽器の構造的特色を最大限に引き出す演奏が、楽器製作家たちからも高く評価されている。

91年「国際チェンバロ製作家コンテスト」(アメリカ・アトランタ)、また97年および01年、第7回および第11回「古楽コンクール」(山梨)、ほか多数のコンクールに審査員として招かれる。ソロでの活動とともに、00年に器楽・声楽アンサンブル「コンヴェルスム・ムジクム」を結成し、指揮・編曲活動にも力を注ぎ、常に新しく、また充実した音楽を追求し続けている。02年から毎年、韓国からの招請による「コンヴェルスム・ムジクム韓国公演」を行い、両国の音楽文化の交流に大きな役割を果たした。

91年よりプロデュースも含め20作品以上のCDをALM RECORDSよりリリース。中でも「鍵盤音楽の領域」(Vol.6~9)、チェンバロによる「ゴールトベルク変奏曲」、「J.S.バッハオルガン作品集 Vol.1」、オルガン作品集「最愛のイエスよ」、ほか多数の作品が、「レコード芸術」誌の特選盤となる快挙を成し遂げている。02年、著書「新しい人は新しい音楽をする」(アルク出版企画)を出版。各方面から注目を集め、好評を得ている。05年より鍵盤楽器の新領域とも言えるシンフォニーのピアノ連弾版に取り組み多方面から注目を集めている。

06年NHK第一ラジオ「ときめきカルチャー」コーナーに年間を通して出演。
1998~2010年3月フェリス女学院大学音楽学部及び同大学院講師。


小野和歌子
メゾソプラノ) 

東京藝術大学卒業、同大学大学院修了。
2004年よりローマに留学、翌年から2年間、チューリッヒ歌劇場インターナショナル・オペラスタジオに所属。チューリッヒ歌劇場『フランチェスカ・ダ・リミニ』ズマラーグディ役、『子供のための利口な女狐の物語』雄狐役、ローマ歌劇場『ばらの騎士』オクタヴィアン役、ドイツのシュロッス・ヴァイカースハイム『チェネレントラ』表題役、佐渡裕プロデュース『ヘンゼルとグレーテル』ヘンゼル役、鈴木雅明指揮『アリオダンテ』表題役、ブリュッヘン指揮チューリッヒ・トーンハレ・オーケストラ『真夏の夜の夢』(メンデルスゾーン)などに出演。2008年ドイツのロッシーニ音楽祭「ベルカント・プライズ」受賞により、翌年の同音楽祭ではロッシーニ『ブルスキーノ氏』、ヴァッカイ『メッシーナの花嫁』に出演した。2009年五島記念文化賞オペラ新人賞受賞。2011年には、『椿姫』フローラ役で新国立劇場にデビュー、CHANEL Pygmalion Daysの参加アーティストとしてシャネル銀座において5回のソロリサイタルに出演した。

オフィシャルサイトhttp://wakakoono.com/