杉山佳代 チェンバロリサイタル

共演:神戸愉樹美(ヴィオラ・ダ・ガンバ)

Program



杉山佳代 すぎやま かよ(チェンバロ)

幼少より、生田流筝曲を森親静氏に師事。同時にピアノを原田治子氏のもとで始める。その後、田村慧子氏に師事し、バッハに興味を持つ。沼津西高在学中、チェンバロを始める。東京藝術大学卒業、同大学院在籍中、イギリス、ベルギー、オランダ、フランスで研修。修士課程修了後、ハーグ王立音楽院に留学、1997年チェンバロ科を主席卒業。
 チェンバロ、通奏低音奏法を山田貢、鈴木雅明、トン・コープマン、ティニ・マトー、通奏低音奏法、チェンバロ調律法を多田逸郎、通奏低音奏法をヤン・クラインブッシンク、オルガンを今井奈緒子、ピアノを田村慧子、米谷治郎、ヴァイオリンを奥田雅代の各氏に師事。クラヴィコードを渡辺順生、アンサンブルを宇田川貞夫、バッハのカンタータ演奏法を小林道夫の各氏より指導を受ける。
 在学中から、各地で独奏者・通奏低音奏者として活動を行う。日本での正式なソロ・デビューとなった1998年のルンデ及び東京でのリサイタルには、大胆にもバッハの「ゴールドベルク変奏曲」を取り上げ成功を収めた。
 栃木〔蔵の街〕音楽祭、スタジオ・ルンデ、アルベルト・シュヴァイツァー協会コンサート、東京オペラシティ、旧東京音楽学校奏楽堂などでリサイタルの他、吉澤実、中村忠、三輪真樹、桜井茂、坂本利文など多くの古楽演奏家をはじめ、ヴァイオリン奏者浦川宜也、松原勝也、宗倫匡、奥村智洋、フルート奏者佐々木真、工藤重典、チェロ奏者河野文昭、オーボエ奏者小畑善昭、コレギウム・アルジェントゥム、ウィーン弦楽ゾリステン(日本公演ツアー)、新星日本交響楽団、アンサンブル・ドゥムカ、ロイヤルチェンバーオーケストラなどと共演。
 また、CD録音、学生・一般のための音楽鑑賞会、FM放送、NHKいちばん音楽館、京都国際音楽祭、静岡音楽館AOI、十勝プラザレインボーホール、横浜みなとみらいホール、水戸芸術館、ロゼシアター、セレスホール、楽友協会クラシックサロン等主催のコンサートへも出演。
 安宅賞、第7回古楽コンクール第一位、上原賞、第5回栃木〔蔵の街〕音楽祭賞受賞。
 1998年度より(社)沼津牧水会主催の古楽コンサートシリーズを企画。「コンチェルト・ゼフィロ」チェンバロ奏者、日本クラヴィコード協会会員、「アラ・ムジカ」同人。



神戸愉樹美 かんべ ゆきみ(ヴィオラ・ダ・ガンバ)

フェリス女学院短期大学音楽科卒 ヴァイオリン専攻 故久保田良作に師事 バーゼル市立音楽院 Schola Cantorum Basiliensis (古楽科)卒 Diplom fur Alte Musik, Hauptfach Viola da Gamba(ヴィオラ・ダ・ガンバ専攻)取得 ハーグ王立音楽院留学 故大橋敏成、HL・ミュラー、W・クイケンに師事 1976年帰国 リサイタル、録音、NHK・NTV・TBSの番組などに出演して古楽奏者として活躍 26年間に渡りプロ・ムジクス神奈川の同人としてルネサンス・バロック音楽を紹介 '82日本オラトリオ連盟バッハ・コレギウムのガンバ奏者 '83-84日本ヴィオラ・ダ・ガンバ協会会長、神戸愉樹美ヴィオラ・ダ・ガンバ合奏団結成 '88, '00, '04, '07, '09, '12アメリカ・ヴィオラ・ダ・ガンバ協会全国大会に講師として招聘 古楽器ガンバの魅力を生かした現代曲にも情熱を注ぎ、独奏曲と合奏曲の委嘱・献呈作品は80曲余り 主催公演の他、イベント 市町村や大学の公開講座、レクチャー・コンサートも多い '98からつくば古典音楽合唱団付合奏団コンサート・ミストレス、'99 - '10明治学院大学バッハアカデミー同人 現在、国立音楽大学、フェリス女学院大学音楽学部講師