トリオの夕べ

相川麻里子/ヴァイオリン
植木昭雄/チェロ
佐藤勝重/ピアノ


Program


                        ピアソラ : ブエノスアイレスの四季より「春」

                        
ピアソラ : ブエノスアイレスの四季より「夏」

                        ドビュッシー : ピアノ三重奏曲

                       
ブラームス : ピアノ三重奏曲1番 ロ長調 (Op.8)

相川麻里子(ヴァイオリン)

3歳よりヴァイオリンを始める。全日本学生音楽コンクール小学生の部第1位。第4回ヴィニアフスキー国際コンクールジュニアの部第5位。第62回日本音楽コンクール第3位。東京藝術大学附属高校を経て東京藝術大学を卒業。
 芸大在学中の 1994年、パリ国立高等音楽院に首席入学。フランス政府給費留学生として留学。留学中にはOrchestre International de Parisとベートーヴェンの協奏曲を協演。またジェラール・プーレ氏との共演など多数演奏会に出演。1996年、イヴリー・ギトリス氏の勧めによりパリにて初のリサイタルを開催、好評を博す。室内楽や新曲演奏にも積極的に取り組み、'97年ガロワ=モンブランのANDANTEを世界初演。同年、同音楽院を満場一致の1位を得て卒業。1998年の帰国デビューリサイタル以降は、ソリストとして東京フィルなどオーケストラとの共演のほか、室内楽や様々なジャンルに渡り演奏活動を展開。邦人作曲家の新曲演奏にも力を入れていて、現代音楽の録音にも多数参加している。2007年からはlive image ツアーにおいて、イマージュ・オーケストラのコンサートマスターを務めている。
 2001年にはギターの高田元太郎、バンドネオンの啼鵬と共に“Triangulo”を結成。古典タンゴからピアソラ、またタンゴ以外のジャンルにもレパートリーを持ちコンサート活動を展開。2009年にはアルバム「TRINIDAD」を発表。また、ピアニストの加古隆とクァルテットを結成、2枚のアルバムがエイベックス・クラシックより発売されている。
これまでに海野義雄、大谷康子、山口裕之、ジェラール・プーレ、田中千香士の各氏に師事。



植木昭雄(チェロ)

6歳よりチェロを始める。桐朋学園女子高等学校音楽科(共学)を経て、桐朋学園大学に入学。1994年、第4回日本室内楽コンクールチェロとピアノのデュオ部門で入賞、桐朋学園大学在学中の199410月、フランスのリヨン国立高等音楽院に留学。
1995年、イギリス、マンチェスターチェロフェスティヴァルに招かれ参加。同年,64回日本音楽コンクールチェロ部門入選。1996年、イタリア、ラヴェッロ国際室内楽フェスティヴァルにリヨンクァルテットとして招待され、3夜連続演奏会を行う。1997年、霧島国際音楽祭にて特別奨励賞を受賞。1998年、リヨン国立高等音楽院を卒業し、ディプロマを取得。1999年、1月より1年間アメリカ、インディアナ大学に留学。20006月、東京文化会館主催の新進音楽家デビューコンサートに出演。200111月、津田ホールにてデビューリサイタルを行い好評を博す。2002年、ソニー音楽芸術振興会より第一回斎藤秀雄メモリアル基金賞受賞。2004年、東京フィルハーモニー交響楽団とプフィッツナーのチェロ協奏曲第3番を日本初演。小澤征爾が音楽監督を務めるサイトウキネン・オーケストラ、室内アンサンブル「ストラヴァガンツァ東京」、加古隆クァルテットのメンバー。これまでにチェロを松波恵子、イヴァン・シフォロー、堤剛の各氏に師事。室内楽を原田幸一郎、ラヴェル・クァルテット、練木繁夫の各氏に師事。
20116月、2枚目のアルバム「The Short Story from Daddy」をリリース



佐藤勝重(ピアノ)

桐朋女子高等学校音楽科(共学)を首席で卒業後渡仏。その後パリ国立高等音楽院を1等賞、パリ・エコール・ノルマル音楽院の高等演奏家課程を賞賛つき満場一致で卒業。これまでに福岡幸子、江戸弘子、G.フレミー、G.ムニエの各氏に師事。この間、全日本学生音楽コンクール全国大会優勝やSOFIA国際ピアノコンクール第1位受賞など、国内外のコンクールに入賞する傍ら数多くのコンサートに出演。また、2000年にはワルシャワで行われた第14回ショパン国際ピアノコンクールに日本代表として推薦出場を果たし、その後ショパンを中心としたリサイタルを全国各地で開催しており、海外では、フランスのショパン・フェスティバル(パリ)、ルーマラン城(南プロヴァンス)、フォーラム・ミュージカル(ノルマンディー)などの音楽祭への出演やシャン・シュール・マルヌ城での定期演奏会に加え、ブルガリアでのリサイタルを大成功におさめるなど、国内外で意欲的な活動を行っている。2004年、12年の在仏を経て帰国。

近年はアレクセイ・トカレフ氏(元レニングラード交響楽団首席トランペット奏者)や、川畠成道氏、などを筆頭に日本を代表するアーティストと全国各地の演奏会で共演し、また、国際オーボエコンクール(軽井沢)公式ピアニストやラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭、軽井沢八月祭、東京・春・音楽祭創立160年を迎えたフランスの名門吹奏楽団(パリ・ギャルド・レピュブリケンヌ)で唯一の邦人ピアニストとして全国ツアーと韓国公演に参加するなど、様々な分野で幅広い音楽活動を展開している。

2012年にリリースされた初ソロCD「ノクチュルヌ」はレコード芸術誌(音楽之友社20132月号)特選盤に選ばれ、大きな反響を呼んでいる。また、5枚の室内楽CD録音(tpアレクセイ・トカレフ、vc植木昭雄、fl荒川洋、vl大平まゆみ、eph露木薫)、音楽雑誌への執筆やセミナーでの講義、コンクールの審査員なども行い桐朋学園音楽大学、昭和音楽大学にて後進の指導にも力を入れている。

日本演奏連盟会員、全日本ピアノ指導者協会正会員、日本・ロシア音楽家協会会員