佐藤勝重 ピアノリサイタル

Program

F・ショパン:スケルツォ第2番 Op.31

J・フィールド(17821837):ノクターン 第4番

F・ショパン(18101849):ノクターン 嬰ハ短調 遺作

F・リスト(18111886):愛の夢 第3番

C・ドビュッシー(18621918):亜麻色の髪の乙女

C・ドビュッシー:喜びの島

S・ラフマニノフ(18731943):コレルリの主題による変奏曲 Op.42

F・ショパン:24の前奏曲より第15番「雨だれ」Op.28

WAモーツァルト(17561791):きらきら星変奏曲 KV.265




佐藤勝重
 

桐朋女子高等学校音楽科(共学)を首席で卒業後渡仏。その後パリ国立高等音楽院を1等賞、パリ・エコール・ノルマル音楽院の高等演奏家課程を賞賛つき満場一致で卒業。

これまでに福岡幸子、江戸弘子、G.フレミー、G.ムニエの各氏に師事。全日本学生音楽コンクール全国大会優勝やSOFIA国際ピアノコンクール第1位受賞など、国内外のコンクールに入賞。また、2000年にはワルシャワで行われた第14回ショパン国際ピアノコンクールに日本代表として推薦出場を果たし、その後ショパンを中心としたリサイタルを全国各地で開催しており、海外では、フランスのショパン・フェスティバル(パリ)、ルーマラン城(南プロヴァンス)、フォーラム・ミュージカル(ノルマンディー)などの音楽祭への出演やシャン・シュール・マルヌ城での定期演奏会に加え、ブルガリアでのリサイタルを大成功におさめるなど、国内外で意欲的な活動を行っている。2004年、12年の在仏を経て帰国。

近年は室内楽にも力を入れており、川畠成道氏、アレクセイ・トカレフ氏(元レニングラード交響楽団首席トランペット奏者)などを筆頭に日本を代表するアーティストからの信頼も厚く、全国各地の演奏会で共演。また、国際オーボエコンクール(軽井沢)公式ピアニストも毎回務め、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭、軽井沢八月祭、東京・春・音楽祭、創立160年を迎えたフランスの名門吹奏楽団(パリ・ギャルド・レピュブリケンヌ)で唯一の邦人ピアニストとして全国ツアーと韓国公演に参加するなど、幅広い音楽活動を展開している。

2012年にリリースされた初ソロCD「ノクチュルヌ」は、15人の作曲家によるノクターンを収録し、レコード芸術誌特選盤に選ばれ大きな反響を呼んだ。20164月にセカンドアルバム「オマージュ」をリリース(同誌準特選盤)。また、6枚の室内楽CD録音(Tp.アレクセイ・トカレフ、Vc.植木昭雄、Fl.荒川洋、Vn.大平まゆみ、Eph.露木薫)、音楽雑誌への執筆やセミナーでの講義、全日本学生音楽コンクール東京大会などの審査員も務めている。

桐朋学園音楽大学、昭和音楽大学非常勤講師。
日本演奏連盟会員、全日本ピアノ指導者協会正会員、日本・ロシア音楽家協会会員。

公式ブログ http://yaplog.jp/katsushige/