アンドレア・バッケッティ
ピアノリサイタル

Program

イギリス組曲 第5番 ホ短調 BWV810/J.S.バッハ
フランス組曲 第5番 ト長調 BWV816/J.S.バッハ
イギリス組曲 第2番 イ短調 BWV807/J.S.バッハ
フランス風序曲 ロ短調 BWV831/J.S.バッハ
半音階的幻想曲とフーガ二短調BWV903/J.S.バッハ

二つのヴァイオリンとヴィオラのための「ミニアチュール」
ピアノ・ソナタ 第18(17)番 二長調 K.576/モーツァルト
ピアノ・ソナタ第13番 変ロ長調 K.333/モーツァルト




 Andrea BACCHETTI(アンドレア・バッケッティ)
 1977年、イタリア生まれ。幼少期から、カラヤン、ホルショフスキ、ベリオといった芸術家から薫陶を受ける。
 11歳でクラウディオ・シモーネ指揮イ・ソリスティ・ヴェネティとミラノで共演し、デビュー。ザルツブルクのモーツァルテウム音楽大学、パリ国立高等音楽院、ジェノヴァのニコロ・パガニーニ音楽院で研鑽を積む。1996年にプレミオ・ヴェネツィア・コンクールで優勝、2006年ウンベルト・ミケーリ国際ピアノ・コンクールでも入賞し、受賞歴も数多い。
 これまでに、ミラノ、ローマを初めとするイタリア国内はもとより、パリ、ロンドン、ベルリン、ライプツィヒ、東京などの世界主要都市でリサイタルを開催。ルツェルン、ザルツブルク音楽祭を含む多くの音楽祭からも数多く招かれている。